西川口・西青木の家族で通える歯医者さん|定山歯科クリニック

INFO

お母さんとお父さんに知ってもらいたいこと

子どもの歯を守りたい【小児歯科】

しっかりとした予防とケアでお子さんの歯を守りましょう

幼少期は、一生に関わる歯並びが形成される大事な時期でもあります。自分ではお口のケアができないお子さんの歯を守るには、お母さん・お父さんの強い意識と確かな知識が必要です。西川口駅から通える西青木の歯医者「定山歯科クリニック」では、お子さんの大切な歯を守るためのサポートを行っています。

お子さんの歯を守るためにできること

大人の永久歯に比べて虫歯になりやすいのが乳歯。「どうせいずれ生え替わるのだから……」と気にされない親御さんもいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。虫歯になってしまうと、顎の骨の成長や将来生えてくる永久歯に悪影響を及ぼす可能性があります。虫歯や歯並びの乱れを放置するのは良くありません。虫歯になりにくい口腔内環境や正しい歯並び、永久歯の寿命は、乳歯のケアが大きく関わってくるのです。

お子様の治療メニュー

フッ素塗布

虫歯菌が作り出す酸に対する抵抗力を高めるフッ素を歯に塗ることで、高い虫歯予防効果を発揮できます。継続して塗布することで、予防効果はさらに高まります。

シーラント

生え変わったばかりの永久歯の奥歯には、多くの複雑な溝があります。その溝を歯科用プラスチックで埋めてしまい、虫歯のリスクを抑える処置がシーラントです。シーラント処置をすることで、虫歯になるリスクを低減できます。

小児矯正

現代では食生活の変化によってアゴが十分に発達せず、歯並びが乱れてしまう子どもが増えています。歯並びが悪いと、ブラッシングが不十分になって虫歯や歯周病になりやすくなったり、見た目が悪くなったりするケースもあります。子どもの歯並びの異常は、早めに矯正してあげましょう。

お子様の歯はお母さん・お父さんが守ってください

虫歯は予防が大切です。虫歯になってしまうと、痛くて食事が十分に摂れなくなり、健康を害してしまうこともあるでしょう。将来生えてくる永久歯に影響を及ぼし、その形や歯並びに悪影響が及んでしまうかもしれません。乳歯のうちから虫歯にならないように、しっかりとケアしてあげましょう。

一番大事なのは毎日のブラッシングです。嫌がるお子さんもいますが、眠くなってからや機嫌が悪い時を避けるなど工夫をしつつ、歌をうたってあげるなど楽しく磨けるようなブラッシング習慣をつけてあげましょう。磨き終わったら褒めてあげることも大切です。子どもの頃のブラッシング習慣が、大人になってからの虫歯予防・歯周病予防の大きな助けになります。お子さんの将来の健康のために、今のうちから歯の健康維持に努めてください。

お子さんの歯に関して不安や疑問などがありましたら、西川口の歯医者「定山歯科クリニック」までご相談ください。

大切なお子さんの歯をしっか守りたい親御さんは、当院までお気軽にご相談ください!

  • ページ上部へ

 △WEB診療予約は初診の患者さん専用となります。
(2回目以降の患者さんは、医院まで直接ご連絡ください)

当院をもっと知っていただくために

院内ブログはこちら

定山歯科クリニック

〒332-0035
埼玉県川口市西青木1-3-34 山下ロッキビル2F

アクセス

診療日程