西川口・西青木の家族で通える歯医者さん|定山歯科クリニック

INFO

歯を失ってしまったら、入れ歯?ブリッジ?それともインプラント?

虫歯や歯周病によって、大切な歯を失ってしまうこともあります。しかし、そのまま放置してしまうとさまざまなトラブルを招く原因になってしまいますので、適切な治療によってすぐに機能を回復させましょう。こちらでは、西川口駅から通える西青木の歯医者「定山歯科クリニック」が、入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラントという3つの補綴(ほてつ)治療についてご説明します。

歯を失ってしまったら、すぐにご相談ください

虫歯などで歯を失ってしまったのに、そのまま放置しているという人も中にはいらっしゃいます。「とりあえず咬めるからいい」「前歯じゃないからどうせ見えない」などと気楽に構えていてはいけません。歯はすべてが支え合って並んでいるため、たった1本欠けるだけでも口腔内の環境は大きく変わってしまうのです。咬み合わせも悪くなりますし、他の歯が虫歯になりやすくなってしまいます。

当院では、歯の機能を回復させるための補綴治療として、入れ歯治療、ブリッジ治療、インプラント治療を行っています。歯を失ったままの状態は全身の健康にも悪影響を及ぼしかねませんので、早めにご相談ください。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの特徴と違い

入れ歯とは?

金具で歯に引っかけたり、クラスプと呼ばれるバネで支えたりして人工の歯を固定する方法で、取り外しが可能です。部分入れ歯と総入れ歯があり、あらゆる症例に対応できます。保険適用外の材料を使う場合には、自由診療となり高額になります。

ブリッジとは?

歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を支柱にして人工歯の橋(ブリッジ)をかける方法です。保険適用の場合にはそれほど費用はかかりませんが、適用外(自由診療)の素材を使う場合には費用負担が大きくなります。

インプラントとは?

歯があった場所の顎の骨にインプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミックでできた人工歯を被せる方法です。天然歯に近い自然な見た目と咬み心地が得られる、高度な治療法です。

入れ歯
メリット デメリット
  • あらゆる症例に対応可能
  • 健全な歯を削る必要がない
  • 治療時の身体的負担が小さい
  • 素材によっては保険適用が可能。比較的経済的負担が小さい
  • バネを支える歯に負担がかかり、虫歯のリスクが高まる
  • 健康な歯の3~4割程度と、咬む力が弱い
  • 入念な手入れや調整が不可欠
  • 使用時に違和感を覚えることがある
  • 不衛生になりやすい
ブリッジ
メリット デメリット
  • 固定式のため違和感がほとんどない
  • 咬む力を6~7割程度まで回復できる
  • 見た目が自然
  • 素材によっては保険適用が可能
  • ブリッジを支えるために健康な歯を削らなければならない
  • ブリッジの下の部分に食べかすがたまりやすく不衛生になりがち
  • 適用できないケースもある
インプラント
メリット デメリット
  • 咬む力を8割以上まで回復できる
  • 見た目が自然
  • 他の天然歯に負担をかけない
  • 入れ歯やブリッジのように周囲の歯に負担がかからない
  • 外科手術が必要になる
  • 保険適用外のため費用が高額
  • 糖尿病などの持病があると、治療を受けられない場合がある

“本当に合った治療”をご提供したいから

抜けてしまった歯の治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントという3つの補綴治療があることをご説明しましたが、当院ではどれかひとつ、「ぜひ!」とお勧めしている治療法はありません。それぞれの患者さんとじっくりお話をして、その方のご要望やお悩み解消のために本当に最適な治療をご提供したいと考えているからです。

「歯医者でインプラントを強引に勧められた」という話を聞くこともありますが、西川口の歯医者「定山歯科クリニック」ではそういった誘導や医師主体の治療は一切しておりませんのでご安心ください。「歯が抜けてしまった」「折れてしまった」「入れ歯が合わないのでなんとかしてほしい」という場合には、どうぞお気軽にご相談ください。

歯を失ってしまったら、放置しないで早めに治療しましょう! 当院にお気軽にご相談ください

  • ページ上部へ

 △WEB診療予約は初診の患者さん専用となります。
(2回目以降の患者さんは、医院まで直接ご連絡ください)

当院をもっと知っていただくために

院内ブログはこちら

定山歯科クリニック

〒332-0035
埼玉県川口市西青木1-3-34 山下ロッキビル2F

アクセス

診療日程